葛飾区水元・金町、小児科・内科の水元医院

予防接種・健診

風しん

風しん・先天性風しん症候群とは?

風しんは、妊娠した女性が感染してしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも感染し、赤ちゃんが病気を持って生まれる可能性があります。
この病気を「風しん・先天性風しん症候群」と言い、妊娠初期ほどその確率が高くなります。

風しんは子どもの病気と思われがちですが、実は、子どもよりも大人の間で風しんの感染が広がっているため、近年では大人も注意が必要なのです。

風しん予防接種が重要な理由は!

  • 風しんは手洗いやマスクの装着では、十分な予防手段ができるとは考えられていません。
  • 風しんウイルスの感染力は、インフルエンザの2~4倍と言われています。
  • 風しんは、風しんワクチンを接種することで免疫がつくられ、風しんにかかることがなくなるとされています。

※一度、自然に感染すると免疫が体内につくられます。しかし血液検査で風しんと診断されていない場合は、風しんにかかっていないこともありますので予防接種が大切です。

妊娠したら風しんワクチンは接種できません。

女性は妊娠前には、風しんの予防接種をご検討ください。

成人男性で、風しんにかかったことのない方、風しんワクチンを受けていない方、接種をご検討ください。2回接種しても問題ありません。

※昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男女は接種率が低く、昭和54年4月1日以前生まれた男性は子どもの頃に定期接種のチャンスがありませんでした。

風しんの予防接種は、はしか(麻しん)も一緒に予防できる麻しん風しん混合ワクチンをうけることをお奨めします。

風しん予防接種の費用一部が補助されます

葛飾区では、お子様を「先天性風しん症候群」から守るために、妊娠を希望または予定している女性が妊娠前に風しんに対する十分な免疫を備えることができるよう、抗体検査の全額補助と風しんの予防接種費用の一部補助をしています。

詳細はこちら(葛飾区WEBページ)>>

ご不明点は当院もしくは、葛飾区役所保健予防課感染症対策係までお問い合わせください。

ページトップに戻る